ガソリンスタンドの仕事で利用する設備について説明します

ガソリンスタンドの仕事で利用する設備について説明します

ガソリンスタンドの設備に計量器があります

ガソリンスタンドには、計量器が設置されていて、軽油、ガソリン、灯油に対して、それぞれの計量器が用意されています。計量器は、その燃料を何リットル販売したかを計る機械で、コンピューターのシステムと連動しています。計量器の本体の中には、計量器の表示が1リットル当たり出る本当の燃料を調整するダイアルが設置されていて、それは、数か月に1回のメーターセールスと言う専門の業者が行なう事が多いです。メーターセールスをしている会社は、計量器の保守点検も行っています。


ガソリンスタンドの設備にはタイヤ周りの設備がある

ガソリンスタンドには、タイヤにエアーを供給する為のコンプレッサーが設置されていて、10キロ位のエアーを常時、供給できるようになっています。コンプレッサーの機械は、電気で動き、一定のエアー圧に満たない場合に、エアーをタンクに供給しています。また、ガソリンスタンドには、タイヤをホイールから取り外す機械や、タイヤのバランスをとる機械も置かれています。アルミホイールに装着されたタイヤを外すには、専用の機械が必要だからです。


オイルなどを交換する為にリフトが設置されています

ガソリンスタンドでは、自動車のオイルを交換する為に、自動車の車体を持ち上げるリフトが設置されています。リフトで車体を持ち上げると、エンジンの下にある、オイルパンのプラグが容易に外せて、オイルを抜く事ができるからです。また、オイルエレメントの交換でも、車体を持ち上げて下から交換する方が、簡単に交換できます。後は、ブレーキオイルやギアオイルの交換にも、リフトは便利です。リフトを利用して、車体の下に行く時は、リフトが途中で降下しないように、スイッチの確認が必要です。



ガソリンスタンドでのバイトは数多く見受けられます。そのために、希望のエリアやシフトでバイト先を選ぶことができます。