家族の暮らしを守りたい人のための在宅介護の方法とは!?

家族の暮らしを守りたい人のための在宅介護の方法とは!?

在宅医療を取り入れれば仕事は辞めなくてもいい

家で介護するとなると仕事をやめなければならない、自分たちの生活すべてを介護の時間にあてないといけないと考えがちですが、上手に在宅医療を活用することができれば、家族が仕事をしていて、高齢者が一人になる世帯でも在宅で介護をすることは可能なのですよ。また、医師がひとりひとりの患者さんとじっくりと向き合えるオーダーメイド医療なので、苦労して通院させても、治療効果の見込めない高齢者に限界を感じていたり、診察にそう多くの時間をさけない大病院の医師に診てもらうよりもいいといえるでしょう。そして、治療だけでなくその人の家族や生活もトータルでサポートしてくれますよ。


看護師の役割が重要になる

在宅医療では介護を受ける人とその家族の生活を支えるという意味では、医師よりもむしろ看護師やケアマネージャーが果たす役割のほうが大きいケースも多々あります。医師は方針を決めるまとめ役、そして訪問診療はもちろん必要に応じて検査や薬の処方、生活指導などをおこなってくれます。看護師は中核を担う存在であり、療養や介護の相談や医療ケアをおこない、肺疾患や心疾患のある高リスクの人には入浴介助も行うケースもあるのです。看護師の訪問は一回一時間単位でおこなうので、本人や家族が気になることは何でも相談してみましょう。また、医師をはじめ理学と作業療法士、ケアマネなど様々なスタッフと常に情報交換しているのでチームの中核を担うのにふさわしい存在です。


それぞれのチーム内の役割

医師や看護師以外にも在宅医療にかかわる人はたくさんいます。一つのチームで連携しており、薬剤師は薬を届けたり、薬の管理法をアドバイスしてくれますし、管理栄養士が食事の内容や食べやすい形状などを指導してくれますよ。また、在宅でのリハビリでをサポートする理学、作業療法士が目的に沿ってリハビリをおこなってくれるでしょう。医療面では訪問歯科を組み合わせているケースも増えており歯科医、歯科衛生士による口腔ケアも行われています。そして、医療だけではもちろん在宅生活は成り立ちませんので、介護分野の全体的なプランを立てるケアマネージャーそして、プランに沿って介護と生活支援をおこなうホームヘルパー等、これらのメンバーで家族の在宅介護をサポートしてくれるでしょう。



高齢者の数が増えていくことから、介護のニーズは増していくことになります。ニーズが高まる介護に就職するという事も選択肢の一つとして考えておきたいものです。